FC2ブログ
 

ホップ♪ステップ♪ジャンプ♪        ☆光の世界へ☆

☆罪悪感はどこから?

早いもので派遣の仕事を辞めて2週間が経過した。
少しゆっくりしようと思いながら過ごすも出てくるのは不安や恐怖。
(以前ほどでもなくなりましたが)

何かをしていないと不安や恐怖に押し潰されそうになる感情は多くの人が
持ち合わせているものではないでしょうか。

たとえ自分がやりたいことや好きなことをするといっても、何処の組織にも
属さず自分一人でやっていくとなると余計にそうかもしれません。
(思考を使い過ぎると特にそうですね。)

その不安や恐怖が、やがて罪悪感に変わり、誰かや何かに対して申し訳ない
という気持ちが出てきます。

罪悪感というのは、~していないと価値がないという自己肯定感の低さから
くるものだと思うのですが、よくよくひも解いてみると私の場合、母親の
考え方に大きく影響されていることに気が付きました。

母親の口癖は「ちゃんと働きなさい」なんです。
(私は心の中でいつも、ちゃんと働いてるけどなあと思っていました(笑))
母親の言う「ちゃんと働く」とは会社や組織の中で働くことを指します。

フリーランスになった状態の私には、ここで罪悪感という感情が登場します。
これは放っておいてはいけないと思い、先ずは母親に光を降ろしてみた。

すると、般若の面のようなものが出てきた。しばらく心の中で祈りながら、
光を降ろしていると花弁に包まれた。

次に自分にも光を降ろすと、特に何も出てこなかったが、最後はたくさんの
天使たちが拍手をしてくれていた。

ワークが終わった後は平常の穏やかな気持ちになっていました。

先日も書いたかもしれませんが、感情は知らず知らずのうちに、他人のもの
に影響されてることが多く、自分でも気付かないことが多いです。

誰かが悪いということではなく、自分がただ感じただけ、感じるには理由が
あるのです。そこをひも解くことが大切です。

先ずは出てきた感情に対して、本当に自分のものかどうか、紙に書きだしたり
口に出してみたり、俯瞰して自分を観るという習慣をつけてみるのもいいと思
います。

さらに、光で統合を行うということなしですね。。。

そういえば夫はいつも「申し訳ないという気持ちは力を生まない。だから
ありがとうと感謝すればいいだけ。」と言ってるのを思い出しました。

置かれた環境や起こった出来事に対して、自分が望んだ結果が出なかったとして
も自分が全力を出したのであれば、罪悪感を感じることはなく、感謝の気持ちを
持つことが大事だということだとか。

確かに、そうだよな~と妙に納得したのでした。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する